生の果物がたくさん余ることがあります。自分で購入することもありますが、もらったりすることもあります。生のままで日持ちするものであれば何回かに分けて食べればいいですが、日持ちしないものであれば腐らせてしまいます。それはもったいないのでいろいろな食べ方を考えてみます。近所の人から自宅で栽培したとブルーベリーをもらいました。自分で買って食べたことがありません。保存の方法としては冷蔵なら数日、冷凍することでしばらくはそのまま持たせることができるようです。健康に良い食べ物であることは知っているので、ジャムにすれば毎日少しずつ食べられると考えました。作り方に関してはホームページを見るとたくさん見ることができます。砂糖と一緒に煮込むことで比較的簡単に作ることができるようでした。皮ごと食べられるので、アントシアニンもしっかり吸収できます。

朝食にブルーベリーを食べています

目の健康を考えて、毎日の朝食にブルーベリーを食べています。食べ始めた当初はジャムをヨーグルトにトッピングしたり、生のまま食べていたのですが、少しずつ飽きてしまったので、最近ではさまざまなレシピを検索して試してみるようになりました。いろいろつくってみましたが、最近のお気に入りはブルーベリーが入ったパウンドケーキです。レシピ自体がシンプルでわかりやすく、お菓子作り初心者の私でも簡単につくることができるんです。前の日に焼いておけば、翌日の朝食にも美味しく食べることができるのも嬉しいです。友人にもおすそわけしたことがあるのですが、甘酸っぱくて美味しいと喜んでくれました。私の家族はみんな視力があまりよくないので、目の健康を守るためにも、そして健康な体作りのためにも、上手にブルーベリーを取り入れていきたいと思っているところです。

ブルーベリーを凍らせると用途が広がる

夏に食べると美味しいのがアイスクリームやアイスキャンデーです。これらを作ろうと思うと手間がかかります。できたものを買ってくるしかないでしょう。意外に手軽なものとしてはフルーツを冷凍させて作るものです。バナナに割り箸をつけて凍らせるとそれだけでバナナキャンデーのようになります。凍らせると日持ちがするだけでなく、別の食べ方を楽しめるようになることがあります。ブルーベリーに関しても凍らせることで食べ方の用途が広がります。凍ったままの状態でヨーグルトに入れてみましょう。それを適度にかき混ぜていると徐々にヨーグルトが氷状になってきます。フローズンヨーグルトになるのです。また、凍ったものに牛乳を入れてそれをミキサーにかけます。こちらもスムージーのようになって美味しく食べることができます。夏にピッタリのデザートになります。

汗と一緒に老廃物も排出されるので、美肌にも効果あり! ヨガをやることによって筋肉量が増え基礎代謝が上がります。 ダイエット効果は、暖かい環境でよりたくさんの筋肉を使うホットヨガの方が高いと言われています。 温かい室内で行うことで柔軟運動が無理なく行えます。 ホットヨガとは39度前後の室内で行うヨガのこと。 汗を大量に書くので代謝が上がり、痩せやすい体を作ります。 ホットヨガの大阪店舗ならこちら