バイアグラ錠によって、「気分が悪くなる」「頭痛」「顔が赤くなる(ほてり)」「消化不良」などの副作用の症状が出る場合があります。 また、光に過敏になる、色が変化して見えるなど、一時的に眼に影響があらわれる方もあります。 長期の服用をご希望の場合には、眼の検査などについて医師にご相談ください。 また、こうした症状の他にも、副作用が出る場合がありますので、異常を感じたときにはすぐに服用を中止し、医師または薬剤師にご相談ください。

多くのED治療実績を持つ薬として有名なバイアグラは、勃起不全=EDに悩む男性の救世主として、夢のED治療薬と一時は話題になりました。しかし、その強力な効能ゆえに副作用についても数多く指摘されています。

ですが、用量・用法をきちんと守り服用するすれば副作用は起こりずらく、症状自体も一時的で軽いものとなりまので、副作用を防ぐためにも正しく服用しましょう。
主に起こると言われる副作用は、以下のような症状となります。

■頭痛

臨床試験において、バイアグラを使用された方の約16%に現れた副作用となります。

バイアグラには有効成分クエン酸シルデナフィルが25mg/1錠、50mg//1錠、100mg/1錠と3段階の種類がありますが、成分が濃くなるにつれ、頭痛が発生する確率も上昇傾向となります。

■ほてり・のぼせ

ほてり・のぼせが顔を中心に現れる場合があります。

この症状については、使用者の個人的な好みにより効果を実感する指標とする人もおり、副作用と感じない方も少なくはないようです。

この副作用は使用した方の約10%に現れた症状となります。

■消化不良

胃のむかつきや下痢などの症状。これは使用者の方の約7%に現た症状となっています。

■色覚異常

見えるものが青く見えるという症状が現れる場合があります。このことを青視症と言います。

この副作用は使用された方の約3%に現れた症状となります。

■重篤な副作用

バイアグラは血管を拡張し、血圧を低下させることによって、勃起に必要とされる血流増加を促進する効果があります。このことによって、服用を見合わせた方がいい人もいますのでご注意ください。

低血圧の方、脳梗塞や心筋梗塞などを患ったことのある方は服用を避けた方が良いとされています。

高血圧の方の場合、バイアグラによって勃起以外の二次効果的な効能を得られることもあるようです。しかし、高血圧治療中の場合は他の薬との併用による急激な血圧低下、狭心症を発症する可能性がありますので絶対に併用はさけて下さい。

個人輸入代行などでバイアグラなど勃起不全=ED治療薬を手軽に手に入れることも最近では可能になっています。

しかし、副作用やご自身の体への相性などが気になる方は、まずバイアグラを服用できる体なのかお医者さんへご相談されることを強くお勧めいたします。